2010年

8月

22日

コラムVol.7 nakaban(画家)

映画が始まると、映画館が潮の香りに包まれるような錯覚を覚えた。

やがて祝島が見えて来る。潮の香りが漁港を漂い、

やがてほのかな山の香りと混じりあう。

小さな町。
おじちゃん、おばちゃん、こどもたちの声が聴こえて来る。
誰もがユーモア満点、島の生活者としてのつよさがまぶしい。
中でも飄々とした、島のお年寄りのあの明るさ。

思わずこちらも笑みがこぼれる。

でも映画を観た後の私は知る事となる。
あの明るさは、遠く、深いまなざしに裏打ちされたもの。


映画『祝の島』で切り取られた風景は本当に宝の島のようで、まさに西村繁男さんのあの画のよう。
それは日常の風景であればある程、印象的なものとなり、スクリーンから遠く離れた場所にいても、ふとした時に思い出してしまう。

島じゅうを巡る、あのきれいな曲線を描く道のこと。

山道を登るおばあちゃんのこと。
小学校で歌われていたあのいい歌。

船の手入れはしているかな。
石垣にからまったクズの葉はだいじょうぶかな。
不運なタコ君は潮風に吹かれてもっとおいしくなったかな。

それから、思いは未来へと。
祝島と、その外の世界の暮らしは、これからどのように変わっていくのだろう?
暗い未来はごめんだ。
薄っぺらに便利な暮らしのための犠牲、なんてやめてくれ。

映画の中の祝島を巡る微かな回想と未来への思いが、ちょっとずつ、結び目をつくって

まるで小さな『祝の島』が心の中に生まれた様な、そんな気がする。

                           nakaban
 (画家)

 _______________________________________
 広島県出身。絵画を中心に活動。
 最近の代表作はアニメーション作品の『Der Meteor(noble)

 絵本の『ころころオレンジのおさんぽ』(イーストプレス)など。 

 http://www.nakaban.com/

 _______________________________________